人気の占い師に占ってもらおう

人気の占い師っていますよね。
なぜ人気があるのかというと、その占い師の占いが当たると評判になっているからです。
そして誰だって占いをしてもらうのであれば、当たる占い師に占ってもらいたいと思うでしょう。

なので占い師を選ぶ基準の1つとして人気のある占い師という条件を加えておくといいでしょう。
従来であれば、人気のある占い師に占ってもらう事は難しい環境でした。
なぜかというと、人気の占い師は、お店に出ても長い行列に並ばなければいけません。
まただいたいはテレビ出演などをしているため首都圏で働いています。

地方に住んでいる人にとって、さすがに東京までの交通費を払って占ってもらうというのは負担が大きすぎます。
また人気の占い師は需要と供給の結果、鑑定料もひどく高くなってしまうのです。
そのため人気占い師に占ってもらいたくても、ほとんどの人は我慢をするしかありませんでした。

しかし今日では環境は大きく変化しています。
ネット環境によって占いはサイト上で占ってもらえるようになりました。
なのでどこに住んでいても距離は関係ありません。
また占いサイトでは、人気の占い師だからという理由で、鑑定料が高額になる事はありません。
時間当たりで鑑定料が決まります。

そして予約を入れておけば、長い行列を待つ必要もありません。
そのため、人気の占い師に占ってもらい、満足のいく占い結果を得る事が出来るというわけです。
ですからTVで人気の占い師、いつも雑誌で楽しみにしている占い師、占いサイトランキングで上位にランクインしている占い師。
自分が興味を惹かれた人気占い師に占ってもらいましょう。

西洋占いと東洋占いの歴史を比較

西洋占いも東洋占いも、それぞれ長い歴史があります。
その歴史を比較してみる事で、占いの違いについて検証してみたいと思います。

まず西洋占いですが、西洋占いの代表格の占いは、占星術、タロット占い、水晶占いなどが有名です。
その中でも一番歴史が古いのは占星術だと言われています。
古代メソポタミア文明の時代、紀元前2000年前に占星術はすでに占われていたという記録が残されています。
その後エジプトでもヘレニズム占星術が発祥し、このヘレニズム占星術が現代の占星術の考えに近いモノだとされています。
占星術は、時代とともに衰退と発展を繰り返しながら、変化し、現在でも世界中で人気がある占いにまで成長しました。
占星術は、星の動きを元に占うため、天文学とも深い関わりがあります。

東洋占いは、古代中国文明で発祥しました。
いろいろな占いが発祥しましたが、その中でも歴史が古いのは、ト占と呼ばれる占いで、亀の甲羅を焼いて占う占いです。
ただし、時代とともに亀の甲羅が入手しずらくなった事で、メドキとよばれる草や筮竹と呼ばれる竹が占いに使用されるようになります。
そして現在の易という占いに発展しました。

東洋占いは中国以外では、インドでも発祥しています。
インドで発祥したのは、日本でも人気がある手相占いです。
手相占いも中国で発祥したと思われている人も多いのですが、実は手相占いはインドで5000年前に発祥し、中国に伝わりました。
手のひらのしわが人の運命を表すと考えられたのです。
これはサムドリカという運命学の考えが元となっています。

西洋占いも東洋占いも自然のモノを使って占うという点では、類似点が見られます。

西洋式と東洋式の占い

皆さんは当たる占いをよく利用しますか?
一言で当たる占いと言ってもカードなどを使う西洋式の当たる占いと日本古来の当たる占いなど多岐に渡ります。
パソコン(インターネット)が普及するまで、当たる占いというと街中の路上でテーブルを広げてしている光景が浮かびます。
その中でも「よく当たる」と評判になると「○○の母」と呼び名がついたりします。

実際には当たる占い師の人はどのようにして占っているのでしょうか?
元々、当たる占いとは人の心の内にある運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断する方法を表しています。
占う人の生年月日や名前などからたどるようです。
こういう意味では風水もある種の当たる占いであると言えます。
日本にも古くから「家相」というものがあります。
家を建てる場所を当たる占いによって決めるものですが、家相には家の部分(例えば窓や玄関など)特定の部分について細かくしてすることもあります。
家相と風水は似ている面があります。

当たる占いの根拠を「霊感」に頼るケースがあります。
これが悪用されると「霊感商法」などと詐欺につながります。
そもそも、当たる占いに頼る人はほとんどが切羽詰って当たる占いをしてもらいます。
そこに付け込んであたかも当たる占いで出たかのように不安をあおるようなことを言い、様々な高額な商品を買わせるのです。

占いの種類はとても多く、大きく分けても西洋式と東洋式に分けられます。
東洋式というのは易学からなるもので、四柱推命や手相などがそれに当たります。
東洋式においては西洋占星術やタロット占いなどが当たります。
占いに使う道具によっても分かれます。
カードや水晶、中にはえんぴつや花びらなんてものもあります。
水脈を探し当てる「ダウンジング」も占いの1種にあたります。
西洋占星術は「ホロスコープ」とも呼ばれています。
占いと宗教はどことなく関連性があるように思われますが、それは日本古来の占い独特のものです。

インド占星術について

星占いは世界中にありますが、その中でも大きく発展したもののひとつがインド占星術です。これはヨーロッパで発達したギリシャ式の占星術とは違う特徴をもつ独自の星占いでした。それが今でも語り継がれて続いてます。神秘的な占いを多く持つインドのこの占いもよく当たる占いと評価され、日本でもこの占いの診断を受けることができます。

<インド占星術の考え方>
細かな部分では違いもありますが、大筋においてはインド占星術はヨーロッパの西洋占星術と似通っています。また、中国の星占いとも共通点があり、影響を与え合った痕跡が見て取れます。十二の星座で分けて感あげるという点は普段目にする星占いと全く同じです。それをホロスコープと呼ばれる図に配置します。そうすることでさまざまな情報を一度に見て取れるようになります。ホロスコープは星座や九曜などさまざまな情報は必要であり、それによって複雑になる一方で細かさも生まれ、当たる占いという評判の理由にもなっています。

<発展と影響>
インド占星術は西洋占星術など以外にも影響を与えています。例えば仏教にも取り入れられています。宗教が学問出会った時代には、星占いも学問のひとつでした。現代のように科学的な根拠は無いけれど当たる占いという捉えられ方ではなく、証拠があるものと信じられていました。そのためインド占星術は当時の天文学などの基礎にもなりました。インドではこの占いは当たる占いとされ人気があり、ホロスコープを作るさいに必要になる座標に政府公認のものがあるほどです。

<インド占星術の魅力>
この占いの魅力はなんといってもその謎めいた雰囲気です。見慣れた西洋占星術や中国の占星術とは違う雰囲気を持っており、言葉も聞きなれないものばかりです。利用するときには基本的には星占いと変わらないので身構える必要はありません。ぜひインドの長い歴史が生んだよく当たる占いを体験してみましょう。

Copyright© 2010 今一番当たる占いサイト紹介 All Rights Reserved.